DP-road、ひひそら

M8

f0251613_21592818.gif



[PR]
by pipopapo-d | 2014-02-09 22:16 | Leica M8 | Comments(8)
Commented by tora at 2014-02-10 07:42 x
わ!いいですね~~~!!M8ですか!!
しかもレンズはSonnar!!
このレンズはいいらしいですね~。
DPの写真とともにM8の写真、楽しみにしてます!!
Commented by pipopapo-d at 2014-02-10 12:29
toraさん、コメントありがとうございます。
初心者の拙い写真ばかりですが、今後ともよろしくお願いします。
ゾナーはその写り、設計思想や歴史に関心があったので、他のライカレンズに並んで使ってみたいレンズの筆頭でした。
ベルテレ博士の当時のゾナーと比肩するライカレンズはズマールといわれてます。コーティング技術がある現在では設計変更されてますが、博士のゾナーの直系だと思ってます。日本人嫌いの博士から許してもらえるような写真を撮れるようになりたいです(笑)
Commented by kimiyasu-k at 2014-02-10 16:02
初めまして,いつも楽しみに拝見しています.わたしも使うカメラはあんなに夢中だったfoveonからレンジファインダーのR-D1へといつのまにか変わっていました.とは言え,いつもバックの中にはDP-1が入っていますが.ライカならなおさらのこと「撮る事」自体がぐっと楽しくなると思います.楽しみにしています.
Commented by funicolare at 2014-02-10 17:01
さっそくのアップですね!
操作に慣れるのは、時間が解決してくれます!!

Commented by pipopapo-d at 2014-02-10 18:01
kimiyasu-kさん、はじめまして。
コメントありがとうございます。
すでに勝手にリンクさせていただいております。

じつは4年前から貴ブログを拝見しておりまして、2010年3月頃にDP1での写真があった思いますが、それが決定打となりDP2sを購入した次第です。本当に素晴らしかったです。
その前にGRD3をお使いだったと記憶してますが、kimiyasu-kさんの独自の視点とコモ湖畔周りの写真に魅了されてGRにも手が出掛かりましたが...。でもFoveonはまだまだ魅力です。

ボディですが、今も新品で手に入り独自の色合いの写真が撮れるR-D1の後継機もずっと選択肢に入っておりました。レンジファインダーカメラを使ってみたかったのでライカでなくても良かったのですが、M8の色合いのほうが好みなのと、ときどきA3ノビで印刷するので画素数が欲しくてこちらに落ち着きました。
ゾナーを装着するならツァイスイコンの流れを汲むR-D1のほうがふさわしいのかも知れませんね。

レンジファインダー初心者でまだまだ下手ですが、今後ともよろしくお願いいたします。
Commented by pipopapo-d at 2014-02-10 18:17
funicolareさん、こんにちは。
まったく撮れません(笑)
まずはM8のみで1万枚ほど撮り続けないといけないようです。しかしながらファインダーを覗く行為が気持ちを湧き立たせてくれます。
ボディはコンデジと違ってカメラらしく、写真を撮っている気分に浸れますね。
funicolareさんのように撮れればよいのですが、まだまだ先のようです。
Commented by funicolare at 2014-02-10 23:56
カメラマガジンに加納満さんが書かれていましたが、
「モニターは鑑賞者の目線、ファインダーは撮影者の目線」
肝に銘じたい言葉です。
Commented by pipopapo-d at 2014-02-11 01:08
funicolareさん、こんばんは。
加納満さん、端的にうまいこといいますね。レンジファインダーのおかげで一段も二段も撮ることへの集中力が上がったような気がします。撮っているという感覚がとてもします。
被写体をまず目でみて、次にファインダーにはどんなふうに写っているのだろうと想像しながら覗き込みますね。
ただし50mm×1.33倍に目がまだまだシンクロしていませんので、たいてい想像から離れてますが...。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。